忍者ブログ
Admin / Write / Res
愛車、'15 Ninja H2 & '17 SCR950 & '16 Z125 PRO KRT & '15 Ninja250SL との日々をだらだらと綴る日記です。
[30]  [31]  [32]  [33]  [34]  [35]  [36]  [37]  [38]  [39]  [40
これまでのことからやはり、家庭からバイク反対の声が・・・orz
とりあえずペナルティとしてバイクを全て手放すことに(T_T)

この件についてはこれまで幾度も行った話し合いや家族の心情、迷惑をかけてしまった関係上諦めるしかありません。
しかし、問題は復帰時期です。
車の購入に関してはこちらも気分的に盛り上がらず代わりの車をどうこうしようという気はもうないのですが、バイクに関しては降りる気は全くありません。

ということで話し合いの結果、次の条件にてバイクに関する許可は得ました。
1,セカンドカーは免停明けから最低一年自粛すること。
2,現在のバイクは処分すること。
3,スピードの速いバイクは乗らないこと。
と、言うわけで速いバイクというものがよくわからないので聞いたところ、カバー(カウル)のない物と言うことでしたw

ですのでまずは次期愛車選び

第1候補 スズキ M109R
このバイクは雑誌で見かけて一目惚れです。
今でもクルーザー(いわゆるアメリカン)には全く興味がありませんが、何故かこのバイクだけは強烈に気になっています。
こんな感覚はGSX-R750K6以来です。
R750はカウル付きのためボツってしまいますので、このバイクは有力な候補です。
ただ、今まで乗ったことのないタイプのバイクですので、操縦性等の不安が残ります。

第2候補 ヤマハ MT-01
ツインエンジンに乗ってみたいという希望がありますので、現在で一番排気量のあるV-ツインロードスポーツと言うことで対抗の候補としました。
発売当初からその存在感から興味がありましたので、M109Rの不安要素が消えなければこちらにするかも?

第3候補 スズキ SV1000S
このバイクはずっと以前から気になっているバイクで、乗り換え等の機会があれば必ず候補に上げるバイクです。
今までは何となく縁がなく実際の購入には踏み切れませんでしたが、サーキット走行を視野に入れた場合、大きさや重さ等の問題から上記2機種と違い俄然現実味を帯びてきます。
しかし、カウル無しという条件から見るとかなりグレーゾーンか?

こんな感じで候補を3機種に絞りバイク屋に行き相談することにしました。

7月12日
この日は午後から時間ができましたのでER-6nでお世話になっているバイク屋さんへ。
もちろん電車ですw

まずこちらの事情を話し、GSX-R750K7の予約の解除をお願いしました。
こちらの都合にも拘わらず、まだ予約の段階で、契約じゃないのでということで快く応じてくださいました。
本当にありがとうございますm(_ _)m

で、早速本命の次期愛車探しについての相談を始めます。
まず、M109Rですがもう今年度のモデルは売り切れて来年度のモデルの予約になるそうですww
しかも入荷時期は9月予定orz
ニューイヤーモデルとしてはかなり早いと思いますが、免停明け(8/17)には到底間に合いません。
しかも、やっぱり実車がありませんのでカタログのみで注文することになります。
さらに店員さんも実車を見たこともないそうで、色々話を聞こうという目論見も消えてしまいました。

次にMT-01です。
これはお店に実車が置いてあり、展示車で良ければ即納できるので登録時期を合わせれば免停明けに十分間に合うとのことでした。
これはかなり魅力です。
こちらで都合を合わせれば免許が返還される日には納車できるのですから。

最後にSV1000S
こちらは国内仕様の話をさせていただいたのですが、青の在庫がメーカーになく、生産予定もないとのことで事実上黒しか選べないことに・・・orz
個人的に黒は好きではないので他の色にしたいと相談。
逆輸入車も視野に入れてもらいましたが、こちらはグレーになるとのこと。
ここまで好みに合う色がないとさすがにショックです(´・ω・`)
もう完全に候補から外そうかと思いますが、年式の古いモデル(新車ですが)の赤があるとのことでした。
これで一応候補としては残ることに・・・

とりあえず、MT-01の実車がありますのでまたいでみることに。
ここ数年リッターバイクもSSしか乗ったことがありませんでしたので、かなりデカく威圧感を感じる車格とポジションでした。
でも慣れてくるとかなり大柄なネイキッドバイクという感じでかなり楽なポジションであることに気がつきました。
また、サーキット走行もムキになってタイムを気にする走りさえしなければ結構気持ちよく攻められるバイクだと教えてもらいました。
自分にとっては好ポイントですが、今度は200kgを軽くオーバーする重量が問題になります。
私がトランポ代わりにしているアルファードは本来乗用車的ポジションですので、ハイエース等の1BOXやバンのようにラダーを引っかけるところもなく、ベロ式ラダーのベロをバンパーのあたりに巧く引っかけてるだけです。
そのためあまり重いとバンパーが落ちますwww
そこで自走する必要性があるのですが、ちょっとした工具や予備パーツ、自分の着替えやタオル等結構な荷物が必要となるため積載性が気になります。
そこで荷掛けフックを探したのですがありません。
店員さんとも探したのですが、タンデムステップのあたりに一対あっただけで他が見つからない。
あーだこーだと言っている内に昔のZZRのようにシート裏に格納式フックがないだろうか?と言う話になり早速確認。
ありました!!
荷掛けループでしたがしっかりとwww

さて、次にM109Rですが、これの不安要素であるポジションや走り方、そして荷物の積み方なんかを聞いてみます。
ポジションに関してはアメリカンの雰囲気だけでもとお店にあったヤマハ DSC4に跨らせていただきました。
しかしこのバイク、400ccとは思えないほどでかい!!
ちょっとビビリながら跨いでみます。

めちゃくちゃ違和感ありすぎ!!!

足を投げ出し、腕もだらりと伸ばす感じですが、どこを抑えていいのかわからず、走行イメージができません。
本当にソファーか何かに座っている印象で、車体が振られた際にどこで抑えるとか、どうやって曲がるか等本当にイメージができませんでした。
店員さんには今まで乗っていた物とは正反対のキャラクターなのでかなり違和感があるはずとは言われていましたが、ここまでとは思っていませんでした。
この時点でかなり引き気味ですorz
正直、慣れるのが先か、イヤになるのが先かという感じで、かなりの決心が必要だと思いました。

次に積載についてですが、この格好を崩さずに荷物を積みたいというなら諦めてくれと言うことでしたwwww
やはりこのバイクに似合うようなタンクバックや、シートバッグはないみたいですねorz

この時点で、自分的にポジションや使い道等で現実的なMT-01か、当初の予定通り、一目惚れで忘れられないM109Rかという選択になりました。
残念ながら、SV1000Sは候補から外れてもらいました。

当初、M109Rは紫を考えていましたが、K7モデルでは廃止され、黒、白、赤となると教えてもらいました。
ここで自分的に黒はありませんので、白か赤となり、結局M109R赤か、MT-01のどちらかにしようと思いました。
しかし、赤にした場合、さらに入荷時期が延び10月なるとのお言葉orz
憧れのM109Rか、現実的且つ納期ばっちりのMT-01か。

ご注文はどっち!?

て、違(ry
で、店舗に入ってから4時間くらいかけて出した結論は

スズキ M109R K 7赤 でした。

結局最初の一目惚れのイメージを脱却できず、赤という色とのインパクトの相乗効果もあり決定してしまいした。

これで契約書を交わし、納車を待つのみとなりました。
納車時期は大体10月中旬くらい。
支払額は諸々含め175万でしたww

この後、ER-6n下取りの日取りを決め帰宅しました。

拍手

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Submenu
TOP MENU
HPへ戻ります
メインコンテンツは全てHPにあります
訪問者数
2007年3月24日設置
ブログ内検索
プロフィール
HN:
とろ
性別:
男性
自己紹介:
愛車とのたわいない日々を綴ります。

記事本文の画像はクリックで大きくなります
以下のMENUは項目クリックで詳細が出ます
Copyright ©   またーりバイク日記 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]