忍者ブログ
Admin / Write / Res
愛車、'18 Ninja H2 & '17 SCR950 & '17 ESTRELLA FE & '15 Ninja250SL との日々をだらだらと綴る日記です。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
6月6日に点検に出していたH2
6月30日に帰ってきました


前回の点検で 発見、対処して貰ったフロントブレーキの引き摺り
フロントホイールの回転が重いので報告しておいたら再発していたみたいです

前回もキャリパー交換等かなり大がかりな対処になっていました
今回もフロントフォーク交換とかなり大事になったみたいです

その所為で少し時間が掛かったみたいですね

フロントフォークが新品になりましたので、200km-300kmほど慣らしというか、馴染ませてからサーキットにでも持ち込んでみたいと思います

や、高負荷掛けた方が症状が出やすいだろうから大丈夫なら安心できるからね

拍手

PR
23日、SCR950の初乗りに行って400km走ってきました
スクランブラーと言うより、クルーザーですねw

下半身の抑えが効かないし、すぐステップ擦る
シートが薄くて硬いから早い段階でお尻が痛くなる

体重をほぼお尻で支えることになるから腰も痛くなる
他にもアラを探せばいくらでも出てくるねw

でも乗ってると不思議と楽しい気分にさせてくれるバイクだ

と言うか、さすがヤマハというか、新車なのにエンジンのザラついた感触も無いし、シフトショックも皆無
ニュートラルが増える気配もないし車体の動きも最初から馴染んでるかのようにスムーズで違和感なく動く

これなら確かに慣らしが必要ないという人がいるのも頷ける話です
カワサキに乗り慣れた身としてはちょっとした衝撃でしたw

詳細はまた今度ね

24日、400km走ったので最初のオイル交換しました
ETC仮移設の記事もわかりやすいように写真追加しましたので、よければ合わせてどうぞ


車高(最低地上高)が低いからちょっと苦労した
あと、ドレンボルトの位置も分かり難かった(;´Д`)

それと、慣らし走行の方法を見直します
特に制限を設けずに丁寧な操作、走行を心がけるだけにします

と言うか、普通にのんびり走ってれば充分慣らしになるね(´・ω・`)

拍手

昨日20日、Z125 KRTでレオカワへ
慣らしが終わって初走行でした

町中走っただけですので、特に感想はないですけどねw
ただ、回転数気にしないで走れるので楽ですね

街中チョイ乗りでもZ125 KRTは楽しいですね(^-^)b
さて、本題(?)

紆余曲折色々あり、何故か新たに一台
250ccのバイクをとろさんファミリーへお迎えすることになりましたw

拍手

意外なことに(?)これも手放してました
SCR950の下取りです


2013年8月3日 納車(引き取り)
稼働期間 約3年9ヶ月
総走行距離 3220km

HP-'13 ZX-6Rの記事

来年車検なので、そのときに何か良い機種があれば乗り換えようと思ってのんびり情報収集してたんです
ただ、正規輸入が無くなる関係でちょっと下取りが強かったりと色々なタイミングが重なって手放すことにしました

あとはSSが無くてもSLだけで我慢できるかというちょっとした実験でもあります
我慢できなければしばらくしたらGSX-R750が手元に来るかもねw

や、リッターは手に余るし、H2もあるからパス
600は実質R6だけですが、ちょっと趣味じゃ無いから結局スズキしか残らない感じw

あとは大穴で RC390/250 て感じかな

拍手

実は(?) SCR950 乗り換えのために下取りとして Z250 ABS 手放してました


2015年11月16日 納車(引き取り)
稼働期間 約1年6ヶ月
総走行距離 1946km

HP-'15 Z250 ABSの記事

うん、正直不満は特になかった
外観的にもほぼ好みの状態に仕上がったと言えます

これからゆっくり付き合っていこうかな という状態ですよね
ただ、完璧に仕上がりすぎてある意味、気が済んでしまいました

ま、満足しちゃったんですねw
と言うことで、新たなお散歩兼公道主力へ世代交代して貰うことにしました

拍手

Submenu
TOP MENU
HPへ戻ります
メインコンテンツは全てHPにあります
訪問者数
2007年3月24日設置
ブログ内検索
プロフィール
HN:
とろ
性別:
男性
自己紹介:
愛車とのたわいない日々を綴ります。

記事本文の画像はクリックで大きくなります
以下のMENUは項目クリックで詳細が出ます
Copyright ©   またーりバイク日記 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]