忍者ブログ
Admin / Write / Res
愛車、'18 Ninja H2 & '17 SCR950 & '17 ESTRELLA FE & '15 Ninja250SL との日々をだらだらと綴る日記です。
[482]  [481]  [480]  [479]  [478]  [477]  [476]  [475]  [474]  [473]  [472
4月30日、スズキ2輪主催のサーキット走行会に参加してきました。
場所は鈴鹿サーキットです。

つかこの日は色々とろくでもない目にも遭いましたがw

朝5時30頃出発
京都東IC入り口の近くで速度違反で捕まりました(TДT)
夕方頃にはよく見かけるところだったんですが、こんな朝にいたのを見るのは初めてですね
ご苦労なことでw

ま、こちらも普通に流していただけですが速度制限を遵守していたわけでもありませんので文句言う筋合いもありません
さっさとサインしてとっとと離脱
いらんことで時間喰っても仕方ありませんしw

しかし、結構な数の車が捕まってましたね
もう少し先か手前の交差点にパトカーでも止めておいた方が抑止効果としてはかなり効果あると思いますが、捕まえられないので意味ないかw

7時30分くらいだったかな
無事(?)サーキット到着

とりあえずバイクを降ろします

いつものように降ろそうと思ったんですが、後輪がラダーの端に掛かる

このまま行くと拙いなー

てな訳で、車に押し戻すためにエンジン掛けます
ま、結構手慣れちゃってますねw
で、クラッチつなごうと思ったら久しぶりの所為かハンクラが上手く当てられず結構な勢いでつないじゃいます

ブオオン!!
ガターーーン!!!!

ベロ式で引っかけてるだけのラダーが落ちました(;´Д`)
で、私はB-KINGを死にものぐるいで支えてバイクがどうなってるのか見る余裕すらありません(汗
とりあえず、バイクは半分ほどは車に上ってましたのでずり落ちて落下するのは防げましたが、当然この重量車を押し上げることが出来ません

もう下に落とすしかないのか・・・

と、諦め掛けたとき周りにいた人が走ってきて助けてくれました
数人掛かりで車からはみ出し(たぶん)やじろべえのような状態のバイクをもう一度車に押し上げます
で、手伝って貰い改めてバイクを降ろします(汗
080430-001.JPG
物凄く助かりました
今までも結構落ちることはあったんですが、こんなピンチに陥ったのは初めてでした。
何はともあれ下回りを確認してみましたが、私が見た感じでは少しアンダーカウルにかすり傷がある程度でした。
ま、後日一応バイク屋にもチェックして貰うつもりです

この後はテーピングしながら気持ちを落ち着けますw

で、ピット割りを聞こうと受付に行くとすでに受付と車検を開始しているとのことでしたので、先に受付を済ませようと受付の前にバイクを駐めていると声を掛けられます
誰だろうと思ってみるとレオカワの系列というか本店になるレオタニの人でした。

どうやらお店(本店)の方で募集していたらしく、一緒に来られたとのことでした
で、折角なのでということで、受付車検と済ませて一緒のピットに入れて貰いました。
080430-002.JPG 080430-003.JPG
では待望の(?)取り付け部品お披露目(笑)
ベルリンガー
080430-004.JPG 080430-005.JPG
080430-006.JPG
チタン合金ローターボルト
080430-007.JPG
ボルトは色づけせず無垢なままです
狙い通りとはいえあまりに地味なので片方だけ
もちろん両側ともチタンボルトに換装済です

握った感じ結構ストロークが大きく少し頼りない感じ
まぁ、元々あまり期待してませんし、盆栽パーツなんで上等な飾りになれば充分ですw

この後は9時30分からミーティングで10時30分から走行開始
A~Cでグループ分け
Aが最速、Cが体験走行的位置付け
私はBで参加
クシタニのように細かいグループ分けはせず、遅れたら後ろのグループに合流のような感じです
走行一枠30分で午前と午後の2回走行です
Aから走りますので、私は11時から走行開始です

いつものようにLAP SHOTとカメラをセットし、柔軟をして走行に備えます

11時30分走行開始
最初の一週目は慣熟走行として一旦ピットロードへ帰りそのまま改めてスタートです

とりあえず、動画は慣熟走行だけ成功してましたので下の方で公開します
走行のタイムは最速で3分21秒台です
最高速で大体ですが240km/h程度
メーターをずっと見てるわけではありませんので確認した速度です

今回は特に遅れることもなくとても楽しく走ることが出来ました。

走行終了後は昼食を採り、12時45分からの北川圭一さんのライディングスクールに参加
080430-008.JPG 080430-009.JPG
私が行ったときにはすでに結構な人が集まってました。

内容はかなり大雑把ですが、コーナリング時の姿勢の作り方等講演されてました
で、質問コーナーなんかがあり終了
ちょっと難しい面もありましたが、参考に出来る面もありました
例えば、S字の切り返しでアクセル開けてバイクが起きようとする力を利用して切っ掛けを作ると言うところまでは凄いなーと思いながら聞いてましたが、ハイサイドまで利用するとか言われてもそこまで繊細なアクセルワーク出来ません(>_<)
でも、姿勢の作り方や基本的な心構えなどの話はとても参考になりましたし、基本の大切さを改めて痛感しました

んで、午後は14時走行開始で私は14時30分からです
ピットロードに整列中かなり後ろのピットでB-KINGを2台見ました
私のを含めると3台もいることになります
ピットも位置といい雰囲気的にスズキの広報車(?)っぽいような気がしたんですが、ライダーのゼッケンは普通の参加者と同じでしたのでどうだったんでしょうね(´・ω・`)?

今回はコースを覚えることと自分なりのブレーキングの目印を見付けることを目標に走ってみました。
でも中々難しいですね
コースが5km以上有りますからね(汗
それと、ホームストレートって奥が意外と狭い感じがして結構怖いんですよ
岡国だと奥が深い感じがして安心して突っ込んでいけるんですが、精神的に余裕が出来ない感じでしょうか
あと、そう思って意識してみてると意外と目印に出来そうな物がないですね(汗
コースを覚えきってないからそう思うのかもしれませんが・・・

それと途中でカメラの電源が切れていましたので、電源を入れ直してりしてカメラ弄る余裕も少しありましたw
でも結局途中で諦めましたがww

で、良い感じで走り始めて少しするとガソリン残量が警告を始めましたorz
まだ100kmそこそこしか走ってないお(;^ω^)

暫くは走ってましたが、段々心細くなっていきアクセルを開けられなくなっていきます
で、微妙に燃費走行してるとペースが落ちますのでどんどん抜いていって貰います

でもね、30分は長いよ・・・

もう我慢の限界というか、万が一にも止まると拙いのでピットイン
車の側まで戻ります
080430-010.JPG
走行のタイムは最速で3分17秒台です
最高速は大体ですが240km/h程度
午前の走行と同じです

B-KINGって確か速度リミッターが付いていたと思うんですが、何キロで効くんでしたっけ?
もう少し上の速度まで出るような気はしたんですけど・・・???

で、保安部品を取り付けて外のGSまで給油に行きますw
や、ほっといても良いんですが、翌日も岡山国際サーキットに行く予定ですので、給油してから車に積んどこうかなと

で、GSに着くとなんか並んでますよ(;´Д`)
暫定税率復活とかで値が上がる前の駆け込み需要らしいですが、並んでまで何とかしたい物なのかw
どうせそのうち入れないといけないんだから一緒だと思うんですが・・・

GSを入れてまたサーキットに戻り、保安部品を外して車に積み込みます

朝、降ろすときに失敗してしまい大騒ぎしてしまいましたので今度は慎重に積み込みます
とはいえ、エンジンの力を借りて一気に積んじゃいますのでどうと言うことはないんですけどね(^^ゞ

ハンクラ当ててラダーを上っていきます
中段当たりに差し掛かりちょっとバイクが速いかと思いましたが、勢いを殺すより一気に積んでしまおうと思います

でもこれが失敗orz

もう少しでフロントスタンドに届くと言うところで勢い余って右側に傾いてしまいました

いや、ぶっちゃけ転けてるんですけどねww

車の中なので派手な転倒にこそなってませんが、またもや身動きが取れなくなります(´;ω;`)
すると隣にいたトランポに積んでいた人達が気付いてくれて助けてくれました
またもや凄く助かりました。

朝といい、今回といい助けて貰ってばかりで情けが身にしみる感じです
B-KINGの積み降ろしする自信がちょっと無くなっちゃいますね(´・ω・`)

この後うろうろしてるとスズキ先導車の積み込みをしてるところを見かけましたので近付いて見学
なんとGSX-R750 K8です
080430-012.JPG 080430-014.JPG
080430-011.JPG 080430-013.JPG
何か自然にハァハァしてる自分が気持ち悪かったですww

でも写真撮ってる間積み込みを待ってくれてました
ちょっと吃驚しましたがその心遣いはとても嬉しい物がありますね
さすがスズキ(^-^)b

最後になりましたが走行動画です
午前の慣熟走行と午後のピットロード整列時の物です
風切り音が凄いので一応BGM有りも作ってみました

BGM付<    >BGM無

走行中少し余裕があったので、カメラ眺めてましたがかなり揺れ揺れですね
専用のステーなので油断してましたが、カメラが縦型の所為かかなり揺れてました。
大人しく走ってると動画が残ってることが多いことから考えてもほぼ振動で決まりでしょうね
ただ、振動でどこに影響が出てるかですね
やはり電池かなー


今回の走行ですが、ブレーキに尽きます
走る前は高価な飾りとしか思ってませんでしたし、替えればありがたみが判ると言うことも良く聞いてましたが、プラシーボだろうと思ってましたw
レース出るような腕があれば別ですが、最近のSSなら基本ノーマルで充分
あとは使い切れる腕が問題だろって思ってました

でもそれは大きな間違いですww

経験して初めて手のひら返したような状態になってしまいました。
ベルリンガー素晴らしいですww

まずは感触ですね
ロックしそうでしないところ
人間ABSを効かすような部分でのコントロール性が抜群
今まではロックしたりしそうになったときはパッと放す感じでしたが、パッと放すまでもなくブレーキを緩めてコントロールできる部分が出来た感じです
上手く説明できないのがとてももどかしいですが、今まであまり感じることが出来なかった細かな感触の違いやタイヤの感触、バイクの挙動なんかが判るようになりました。
ただ、後で聞いた話では、タイヤの感触やバイクの挙動はローターボルトが結構効いてるみたいです
バイクの挙動はサスの動きと言い換えても良いですからそういう意味では確かにローターボルトの意味があったのかなーと思います
ローターボルトなんて極限まで追い込んだようなブレーキングしなければ恩恵なんて受けられないだろうと思ってましたが意外と仕事するんですね

とりあえず、難しいことは置いといて、ブレーキング時の怖さが大幅に低減しました

これはどれだけ説明しても難しいと思いますので、もし機会があれば試してくれとしか言いようがないですね
私のようなヘタレでも充分違いとありがたみが判りましたし、決して高い買い物ではありませんでした。

それともう一つ判りました
今まで半信半疑で速度域さえ上がれば何とかなるんじゃないかと思っていたサスですが、やはりひたすら堅くて動いてないです
タイヤの方が先に負けてます
この辺りの違いが分かるようになりましたので、今度から安心してサスを弄り倒したいと思います
折角イイの付いてるんですしね(^-^)b

後、グリップを戻したせいか、バイク屋が少し弄ってくれたのか判りませんが、アクセルが凄く開けやすくなりました
今まではストッパーまでかなり遠いような感じがしたんですが、握りが良くなったのも相まって変な力も入りにくくなりフルまでかなり開けやすくなり走行に集中できます
これも思いがけない点でしたね


走行メモ
走行距離   82.8km
総走行距離  1983km
今回の燃費 約10.25km/l

燃費がかなりイイ感じになってきましたが、今回は純粋にサーキットしか走ってませんので、そういう意味ではよく走った方ではないかと思います

拍手

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
初カキコ
初めまして。
R600 k7乗ってる中年オヤジです。
いつも楽しみに閲覧してます。
この日は大変な1日だったみたいですね。
お体が無事でなによりです。
R750 k8よいですね。
最初は顔がグレートマジンガーじゃん、って思ってましたが、慣れると良く見えてきます。
とろさんはグレートマジンガーを知らないかな?
まだ実物みてないですが、見たらハァハァしそうです。
OCI 2008/05/04(Sun)08:52 編集
Re:初カキコ
ご心配頂ありがとうございます
本人もバイクも特に問題なく済みました

>R750 k8よいですね。
GSX-Rは、K6-7が一番格好いいと思ってましたが、実写見ると結構ありですね
やはりスズキは実車見ないと判りませんw

>とろさんはグレートマジンガーを知らないかな?
知ってますよー
とはいえ、再放送ですけど(汗

>まだ実物みてないですが、見たらハァハァしそうです。
もし関西の方なら10、11日に舞洲で試乗会がありますので、そこで確実に実車が見られますよ♪
とろ   2008/05/05(Sun)00:50
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Submenu
TOP MENU
HPへ戻ります
メインコンテンツは全てHPにあります
訪問者数
2007年3月24日設置
ブログ内検索
プロフィール
HN:
とろ
性別:
男性
自己紹介:
愛車とのたわいない日々を綴ります。

記事本文の画像はクリックで大きくなります
以下のMENUは項目クリックで詳細が出ます
Copyright ©   またーりバイク日記 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]